スプライン HA インプラント > 独自のスプライン機構

独自のスプライン機構

6つのスロットが嵌合し、 高い維持力と抵抗力を 発揮します

独自のエクスターナル構造

インプラント体とアバットメントの連結部分は「スプライン」と呼ばれる独自のエクスターナル構造になっています。この構造は、インプラント体とインターフェイス分に突出した6つのタインとアバットメント内側に形成された6つのスロットが嵌合し、高い維持力を発揮します。また、インターナルコネクション(インプラント内側での嵌合)のようにボディ強度を低下させることがないので、力に対しても高い抵抗力を有しています。

多数歯におけるフィクスチャーレベルの 正確な印象採得が可能

フィクスチャーレベルでの印象採得

回転防止機構が付与された印象ポストを使用する際、インターナルコネクション等のインターフェースであれば正確な印象採得が不可能です。そのような印象採得においても、スプライン・インターフェイスの特徴を活かすことで正確なフィクスチャーレベルでの印象採得が可能です。