セミナー一覧

インプラント補綴をトラブルなく正確に仕上げるためには

インプラント補綴をトラブルなく正確に仕上げるためには

講師紹介

中村 雅之
上原 芳樹
歯科技工士
有限会社ファイン 代表取締役
大阪SJCDテクニシャンコース インストラクター
日本顎咬合学会指導歯科技工士
日本口腔インプラント学会認定 インプラント専門歯科技工士

インプラントが臨床に応用されるようになり約35年、その間様々な改良が加えられ現在に至っている。インプラント上部構造物においては、いろいろなトラブルを経験すると同時にマテリアルの変化や、CAD/CAMの登場によりその形態を変化させてきている。
例えばインプラント補綴様式の大きな流れを見ると、一昔前はほとんどのインプラント補綴をセメント固定で製作していたが、現在はスクリュー固定が主流である。 いろいろなトラブルを経験するとおのずと何がよいのか答えが導き出されてくるのだが、どのような補綴様式にしようが、マテリアルを使おうが必ずそこには利点と欠点が存在し、それらのことをしっかりと把握した上で臨床応用することが重要だと考えている。
そこで今回は、インプラント補綴をトラブルなく正確に仕上げるためには何を知っておくべきなのか、完成までの過程の中で何をするべきなのかを詳しく解説していきたい。

講習内容
  • セメント固定とスクリュー固定の問題点とその解決方法
  • インプラントの嵌合形態について
  • インプラント上部構造物の現在の流れと種類
  • インプラントポジションと補綴物の関係性
  • 抜歯即時埋入における補綴形態の与え方
  • 正確な印象採得とバイト採得

日時

  • 2017年7月2日(日) 10:00~16:00

会場

宮城県歯科医師会館 地下会議室
宮城県仙台市青葉区国分町1-5-1
TEL. 022-222-5960

受講料

10,000円(消費税・昼食費込)

定員

50名(定員となり次第、締めきらせていただきます。)

詳細PDFダウンロード

お問い合わせ先

株式会社 白鵬 研修会事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3
TEL.03-3265-6385/FAX.03-3221-6304

※当会場には駐車場はございません。公共の交通機関でお越しください。
※会場内でのビデオ撮影、音声録音、フラッシュ撮影は禁止させていただきます。
 カメラによる静止画像撮影は可能ですが、シャッター音は禁止させていただきます。
※本セミナーの内容について、SNS等、ネット上での公開は禁止とさせていただきます。